四日市の住宅

施工 洋洋住研株式会社

DATA

Completion:2015.2
Principal use:Residence
Structure:W structure
Site area:282.74㎡
Total floor area:102.91㎡
Number of storeys:2storeys
Building site:mie,Japan
stucture design:A.S.Associates
Contractor:Yohyoh Jyuken
Photo:Daici Ano

日本の代表的な工業都市の一つである三重県四日市市の郊外に建つ住宅である。敷地周辺は、自然豊かで昔ながらの町並みが残されているが、近年、各々が敷地を塀で囲み、地域から隔離された住宅が増えてきている。こうした現状に対し、地域に対して開かれた住宅を目指す事とした。建物は全面道路から大きくセットバックさせ、日射を十分確保できるように南側に開かれた庭を配した。その庭は南側隣地にある両親の住宅の庭と一体となる事で広がりを見せる。また、庭は東西に抜けている事で風の通り道となり、道路から庭を通して山並みを望むことが出来る。外壁には庭に面して大きな開口を設け、内部は個室以外が一体の空間として外部とつながる。大きな軒は、日射を確保しつつも四季のある日本の気候において快適な環境を創り出す。夜はハイサイドライトから漏れた光が行灯のように周囲を照らし、施主によって更新され続ける庭と一体となった住宅は地域に対して開かれた場所となる。

House in Yokkaichi

The site is in a suberb of Yokkaichi-city,one of the most representative city of industry in Japan.Even though this old town is abundant with nature,in the neighborhood houses are built with fences enclosing their own sites from the local communty.Against this present codition of the surroundings,the project is aimed to open to local community.The house is set back from the street to obtain sunlight from the south,and thie aiso brings an opportunity for its garden to connect with the other gardenmountainte.
Moreover,the garden lets wind to blow east and west and passengers to see range of mountains though itself.On the exterior wall,huge opening is set up onto the garden and the inside is connected to exterior as an unified space except private rooms.
The huge eaves provides comfortable environment suitable for climate in Japan with the four seasons by cotrolling the amount of sunlight. On the other hand,the light leaked from high side window lights up the surroundings like a lantern.The house unified with the garden which is continuously renewed by the client is now opened to the local community.


藤田修司 + 新保優樹 / SYAP WEBサイト

スタッフ紹介 四日市本社 鈴鹿支店

スタッフ募集

対応エリアはこちら
四日市市、鈴鹿市、亀山市、津市、桑名市、
いなべ市、菰野町、朝日町、川越町、東員町、木曽岬町


ページのトップへ戻る